ブレインダンプで脳が超スッキリ!効果ややり方

ブレインダンプアイキャッチ画像 知識


どうも、いのっち(@inocchi03002)です。
今回は、ブレインダンプというのを紹介していきたいと思います。

もしも

  • 仕事で新しいアイデアが思いつかない。
  • やりたいことや、やらなければならないことがたくさんある。
  • 何から手を付けて良いのか分からない。
  • 気がつけば情報をインプットばかりしている。
  • 本を完読しないまま、新しい本を手に取って読み始めてしまう。
  • ブログやメルマガのネタが思いつかない。

などなど

ひとつでも当てはまるなら、この記事はあなたの役に立てるかと思いますので最後まで見てくださいね。

ブレインダンプってなに?

簡単に説明すると脳の中の情報を一気に下ろすということになります。

Brain(ブレイン)=脳

Dump(ダンプ)=下ろす


少し想像してください。


ダンプカーがあります。荷物が山積みになっているダンプカーです。


ダンプカーの荷台に自分の脳の情報が積んであるとします。今、あなたの脳にある情報です。山積みになっています。

で、その荷台をウイーンって上げて、ザザーって下ろすイメージ。

で、ザザーって一気に下ろしたらそこには、情報が平面に広がります。

何もかもぐちゃぐちゃに積んであったものが、ダンプすることによって、平面に広がるのです。

平面に広げることで、「あっこんなものがあったのか!」「同じような物いっぱいあるやん!」

ってみたいな感じで、分かりやすくなるんです。

脳にため込んでいた情報を出し可視化するのです。

ブレインダンプの効果

ではブレインダンプを行うとどんな効果があるのか解説します。

  • アイデアが出てくる
  • インプットがしやすくなる
  • 脳がスッキリする
  • 頭の中が整理される
  • 自分の考えが視覚化される
  • 脳が活性化され自身の成長に繋がる

ざっと列挙するとこんな感じでしょうか。

ブレインダンプをおこなうと、今まで脳の中にあった情報が強制的に放出されて空っぽの状態になるんです。

ブレインダンプのやり方

ではブレインダンプのやり方を説明していきます。

準備するもの

  1. 白紙の紙やノート
  2. ペン
  3. タイマー

頭の中の情報が書き写せるものならなんでもOKです。例えばホワイトボードとか、チラシの裏とかでもOKです。

時間を計るタイマーもスマホでOK。

やり方(手順)

  1. テーマを決める
  2. 時間を決める
  3. タイマーをセットしスタートする
  4. 考え付くのも全てを書き出す

これだけです。

準備が出来ればこんな感じに書いていきます。

DIY 庭の草取り 除草剤 重曹 吉本新喜劇 ネタ 猫 オススメ 人間関係 新人 仕事しない 格安SIM 格安スマホ お取り寄せ ふるさと納税

頭に思い浮かんだものを書いていきます。

でも、ルールがあります。

時間を決めてやること!

例えば15分とか30分。長い時間やっても意味が無いし、かなり疲れます。

オススメは5分~15分。

タイマーをセットして、ひたすら書き出していきます。集中します。集中!集中~!スマホ見ない!テレビ消す!

もう何も出てこない!書けない!っていうまでやりきります。

単語でも文章でもなんでも書いてOKなんで、ひたすら出す出す出す出す!

整理

情報を書き出したら、その情報を一旦整理しましょう。

名詞で分けてみたり、興味がある、ない、なんでもかまいません。情報を整理することで、今まで見えなかった新たな発見や今後の方向性、自分の考え方などがわかるはずです。

整理している段階で「あっそういえば!」「なんかこれイケるかも」など 新しいアイデアや発想が生まれやすくなっているはずです 。

実施する頻度

インプットの量やアウトプットの量にもよりますが、だいたい2週間や1ヶ月の頻度がいいです。そして、毎日やる必要はありません。理由は一日で情報の入れ替えはできないし、大して情報の変化は無いからです。

しかし、5分程度の比較的軽いブレインダンプなら毎日行ってもいいですね。最初は5分程度を毎日繰り返しやって脳を鍛えるのも良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ブレインダンプはアウトプットの一つです。

近年ではインスタやYouTube、ブログにTwitter、FacebookなどSNSが発達し、情報が多すぎて知らない間にインプット過多になってしまっている事があります。

あれもこれも色んな情報を頭の中だけで処理をしようとしても無理があります。

強制的にアウトプットをする事で、たくさんの情報から脳を解放してあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました