アンガーマネジメントで怒りをコントールするコツ!人生を豊かに

感情のコントロール スキル

「なにやってんだよ早くしろよ!」

「こんなことも出来ないのかよ!」とイライラして、つい怒ったりしていませんか?

怒るつもりはなかったのにいつの間にか声を荒げて怒ってしまったり。

イライラしたくないのに、怒りたくないのに、笑顔で過ごしたいと思っているにも関わらず、なぜか怒ってしまう。自分はダメな人間だなと悩んでいませんか?

怒りは誰しもが持っている感情です。動物にも感情はあります。動物は感情をコントロールすることはできません。でも私たちは人間です。感情はコントロールできるはずです。

時には人間関係が悪化したり、犯罪に繋がってしまったりと、人生を歩むにあたってマイナスに働く場合が多い怒りの感情。

世の中、怒らない人もいる中で、どうすれば怒りをコントロールできるのでしょうか?

今回は、アンガーマネジメントを知ることで、怒りという感情をコントロールするコツを身に付け人生を豊かに過ごせるようになればと思い記事にしてみました。

怒りを鎮めたい
怒りをコントロールしたい
イライラしたくない
笑顔で過ごしたい
人生を豊かに過ごしたい
このようなことに興味がある人はぜひ最後までご覧ください。

アンガーマネジメントとは?

1970年代にアメリカで生まれたとされている怒りの感情と上手に付き合うための心理教育、心理トレーニングです。
怒らないことを目的とするのではなく、怒る必要のあることは上手に怒れ、怒る必要のないことは怒らなくて済むようになることを目標としています。当初は犯罪者のための矯正プログラムなどとして活用されていましたが、時代の変遷とともに一般化されていきました。

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会から引用

アンガーマネジメントとは、怒りをコントロールするトレーニングの一つで、決して怒らない訳ではなく、怒りと上手に付き合う手段といえます。

アンガーマネジメントの目的

アンガーマネジメントの目的は、引用部分にもあるように、当初は犯罪の矯正のために使われていたようです。

ですが、現在では社内研修にも多く使われるようになりその目的は「パワハラ対策」となっています。「パワハラ」によって、職場内の雰囲気が悪くなったり、最悪の場合自殺に追い込まれたりと、社会問題になっていますよね。

怒りは時に思いもよらないパワーを生み出しパフォーマンスが向上する場合がありますが、長時間持続出来ないし、他人に迷惑をかけることも多いのではないでしょうか。

そして怒りに頼った他人を動かす行為は、非生産的であり、勧められる行動ではないです。上手に怒り、必要のない場合は怒らないですむようにコントロールするのがアンガーマネジメントの目的です。

怒りのメリットデメリット

人間はメリットがあることに対して行動を取る生き物です。ろうとします。逆にデメリットが大きいことはやりたがりません。行動しないのです。

また、自分に対してデメリットがある場合もやろうとは思わなくなり、怒ることでのメリットデメリットが分かれば、今、本当に怒るべきか?それともスルーして流すのがいいのか?判断できると思います。

メリット

怒ることでメリットはあるのか?と疑問に思うかもしれませんがメリットはあります。

自分の要求や欲求が満たせる
ストレスが解消される
強制的に行動できる
パフォーマンスが向上する

といったところでしょうか。

デメリット

周りの雰囲気が悪くなる
人が離れていく
非生産的
ハラスメント
左遷
犯罪
気分が悪くなる
友達が出来ない
相手を萎縮させてしまう

ざっと挙げてみましたが、メリットもデメリットも状況や環境次第でいくらでも変わるしまだまだありそうです。

怒りの本質って何?

人間はどうして怒るのでしょうか?そのメカニズムは様々ありますが、深掘りしてくと「感情」「フラストレーション(不安や不満)」「自己中心的思考」の3つが関連しています。

感情

しんどい
めんどくさい
イヤだ
ムカつく
やりたくない
ラクしたい

といった人間として当たり前にある感情が、怒りを引き起こすトリガーになっています。おそらく怒りを感じる時というのは何かしらの感情が要因のひとつになっているはずです。

フラストレーション(不安や不満)

思い通りにならない
長時間待っている
渋滞
行列
やりたいのに出来ない
どうしていいか分からない

といった外部環境の要因から引き起こされています。

自己中心的思考

◯◯するべき
〇〇しなければならない
自分はやっているのになぜないんだ?
なぜ出来ないんだ?
自分が正しい

といった自分の中の正当性が怒りを引き起こす要因になっています。

つまり、怒っている時は必ず「感情」「フラストレーション」「自己中心的思考」の3つのどれかに該当しているはずです。

怒りの要因

そしてこの3つが複雑に絡み合い、どんどん怒りが増して収まるのが難しくなっていってしまいます。さらに複雑に絡み合うことで負の連鎖が生まれ相手や自分を傷つけてしまいます。

では、怒りを鎮める方法はどんなものがあるのでしょうか。

怒りを鎮める方法

怒りを鎮める方法はたくさんあり、自分に合ったものや、やりやすい方法など色々試してみると良いと思います。

深呼吸する

深呼吸することで気持ちを落ち着かせます。瞬間的な怒りは深呼吸して、気持ちを落ち着けましょう。

近づかない

その場から離れる怒りの原因となっているその場所から距離をとって離れましょう。自分が嫌な思いをする場所が分かっている場合も、できるだけ接触しないようにします。あらかじめ分かっている場合も最初から行かない、近づかないなど対処するよう努めるのも効果的です。

太陽の光を浴びる

日光を浴びると『セロトニン』という人を穏やかにさせる効果がある脳内物質が分泌されるとされています。太陽の光を浴びない生活が続くと、うつ病にもなりやすいといった研究データもあるくらいなので、太陽を浴びて気持ちをリラックスさせることは重要です。

自分の年齢をかぞえる(オススメ)

アンガーマネジメントでは6秒待つと良いとされていますが、私は6秒では足りない場合が多いと思います。オススメなのは、自分の年齢をかぞえることです。心の中で「いち」「に」「さん」「し」と、数をかぞえることで怒りを鎮めていきます。とにかく怒りを感じた瞬間から時間を長くかけることが大切です。自分の年齢の数をかぞえることは、かなり効果があるのでオススメの方法です。

考え過ぎない

考え過ぎるのもよくありません。自分で勝手に「あれやこれや」と考え過ぎてしまって、悪い方悪い方へ考えてしまうことってありませんか?真面目な性格の人が考え過ぎてしまう傾向にあるようですが、時には「ま、いっか」といった楽観的な考え方をしましょう。

思い込まない

考え過ぎると同じような意味合いですが、「自分は悪くない!」「自分は絶対正しい」「相手が悪い」と思い込んでしまって、相手のことを考えず自分の正当性ばかり主張してしまいがちです。

一方的に思い込まず、「自分にも悪い部分があったのでは?」「もしかしたら相手は何か特別な事情があったのかも」という考えを持つことが大切です。

アンガーマネジメントのメリットを知る

アンガーマネジメントを実践することは様々なメリットがあります。

たとえば、

職場や家庭の雰囲気が良くなる
笑顔が増える
部下や同僚、友達が話しかけてくれる
出世する
健康につながる
子供が素直に育つ
周りが明るくなる
イライラしなくなる
大人な対応が出来るようになる

といったところでしょうか。

怒りを鎮めることで、

職場や家庭の雰囲気が良くなり、笑顔が増え、部下や同僚と円滑なコミュニケーションが取れるようになります。

仕事の生産性が向上し、結果的にあなたの出世に繋がりそして、あなた自身も笑顔が増えることで、イライラすることは以前より少なくなるはずです。

結果、豊かな人生に繋がっていくのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?アンガーマネジメントで感情をコントロールするコツは理解できたでしょうか?

私が伝えたかったことは「感情はコントロール出来る」ということです。怒ることは決して悪いことではありませんし、時には必要なことです。しかし、理不尽に感情をぶつけては何も問題は解決しません。

自分中心で物事は考えず、常に冷静で相手のことを考え思いやるという気持ちを持つことが大切です。 感情を上手にコントロールして人生を豊かに過ごしませんか?

そして相手を幸せに出来る人間になっていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました